投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


前言撤回と補正

 投稿者:MM  投稿日:2017年 2月22日(水)18時11分21秒
  みなさまへ:

 『モデラーズフリマ』ですが、2017年5月13~14日に「ツインメッセ静岡」にて行われるようです。間違った情報を投稿してしまいました、なにとぞお許し下さい。

 タミヤの希少キットとか、入手は無理でもせめて実物を箱だけでも目撃できたらいいなあ、などと思っております。
 

この歳まで生きてると……

 投稿者:MM  投稿日:2017年 1月29日(日)14時36分33秒
   悲しい出来事にもいろいろ出あいますね……。

 『モデラーズフリマ』が去年末に終了したらしい事も、その一つでしょうか。

 「完成品ジャンク***円均一、なんてのでも参加できるのかな? だったら家の中が少しは片付くかも……」
などと妄想していたら、一度も行けぬ間に終了とは……とほほ。

 しかし良い事もあるようで。

 『タミヤスケールモデル』のTwitterでリツイート更新される画像を見ていると、皆さん次々と完成させておられるのがわかり、気分が高揚します。

 今年に入って僕が完成できたタミヤのキットはまだ『アメリカ歩兵セット』だけですけれど、みんなを見倣いたいと思っています。
 

ショック!

 投稿者:634の28号  投稿日:2017年 1月26日(木)20時13分55秒
   あのカンプグルッペジーベンの十川さんが亡くなられたとの報に接しました。スクラッチビルドの戦車に驚き、ディオラマの素晴らしさに圧倒され、AFVの会や田宮のカタログのカラーディオラマ製作と・・・。御冥福をお祈りいたします。  

感謝。

 投稿者:ぶりすけ  投稿日:2017年 1月25日(水)20時07分8秒
  >助手さん
ビッグショットお見事です。
私は原体験はありませんが、追体験として、うれしく感じました。
私が小さいころの戦車キットはまあ各社玉石混合で・・
あ、これもありなんだなと前から考えていた747パンサーのオマージュを調子に乗って始めます。

さはさりながら。
 ここで発言していかというと微妙とは思いますが・・なんとかおちついたので。実は私、実家が熊本にありまして。昨年4月の地震の際にはよく報道された町でした。
母屋は無事、親族に被害はなかったものの、地区の9割は全壊、半壊。キットを置いていた倉庫は全壊、そのあとの緊急措置で
瓦礫は速攻処理。・・・もちろんそれでOKなのですが。
  なぜか溝にはまっていて無事だったジャンク状態のチャーチルだけは救出できました。
いまレストア作業中です。
 うまく言葉にできませんが・・・いろいろな方からの支援、援助ありがとうございます。
 タミヤの復興支援くまモンミニ四駆の広告を見たときには、さすがに涙がでました。
避難所の子供たちにミニ四駆の差し入れがあって、子供たちが元気を取り戻せたことという事例もありました。
 みなさま、いろいろとありがとうございます。

 

新年あけましておめでとうございます。

 投稿者:ねぶそく模型講座  投稿日:2017年 1月 5日(木)17時41分19秒
  本年も助手様にとってよい年でありますように。ビッグショットスケール違いで2台並ぶとやっぱり雰囲気いいですね。また時々寄らせて頂きます。
 

ビッグショット!

 投稿者:634の28号  投稿日:2016年12月14日(水)21時14分59秒
   助手様、久方のレス、ありがとうございます。可動化、御見事です。1/12ビッグショット、当時は存在は知っていましたが、子供には手が出せないシロモノで箱絵の記憶しかありません。今ではもプレミア物で手が出せませんが、突然の1/35での製品化を知りビックリ致しました。新橋のタミヤショップでの、テストショットの製作体験に勇んで参加致しました。参加者は中高年の方々ばかりで、そうそう、モケジョの方もおられました。テストショットなのでランナーはライトグレイ色で、パーツのフィット感は最高でした。小生が制作しているのはストレート組みですが、ほぼ仮組迄行き、来年早々にでも竣工すればと思ってます。それと並行して昔のSNAP社1/40のキットも組み上げましたので並べて飾ってみたいです、50年の時を超えて・・・。因みにビッグショットの名称はH社のオートバイの商標らしくて、了承許可を頂いてるとの事です。
 この前フジミ社のコンバットキットを手に入れましたが、その内容を見るとあの”ギャラントメン”のキットの写真の3体と箱の中に入っていた5体のセットでした。ギャラントメンキットの歴史がちょこっと解明されるでしょうか?
 

レス

 投稿者:助手  投稿日:2016年12月13日(火)10時39分48秒
  >634の28号さん
歴史を変えたのはカンプの面々ではないか?私も激しく同意しますよ~
まさに「神」でしたよね~
21世紀に入ってから、畏れ多くもそのカンプの皆様とほとんど面識が出来
親しくさせていただいております
何もないところを作り上げる・・・
つい最近、十川さんが作られた1/35フルスクラッチB1bis(1974年作)を拝見しました
神々しさが漂ってました

>ぶりすけさん
戦国武将、ありましたよね
当初は会社見学に訪れた方への射出成型機から出てくるお土産として
配られていたと思うのですが、そもそも何だったのかは今度聞いてみますね

>ねぶそく模型講座さん
タミヤはまさにその時期から「情景」を推奨してきました
カメラは高価で、ましてや模型を撮影するノウハウなどは田舎の少年にはゼロでした
今ならスマホでもかなりの作品が撮れますね

>MMさま
私はジャンクの再生が大好きです
40年近く前の小学生が作ったと思われるグチャグチャなものを
いかにオリジナルを大切にしながら蘇らせるかがポイントです

>プラモ道さん
お褒め頂きありがとうございます
ご覧になってお気づきのように、このサイトは90年代末に一気に立ち上げ
その後は模型雑誌の連載やmixi、SNSなどに舞台を移す中
拙作の紹介がメインコンテンツになってしまっています
もちろん「歴史研究」は今後も続けていきますし、常に情報収集は欠かしていません
気長に、温かい目でお待ちください

>Rockeyさん
初めまして!HPも拝見させていただきました
1/1バイクなんですね!驚きました!
木製模型を検索してとの事・・・「田宮模型全仕事3」増補改訂版はご覧になられましたか?
タミヤの木製模型の歴史を徹底的に研究してあります
これまでの「全仕事3」とは木製模型に関しては全く別の本と言っても過言ではありません
機会があればぜひご覧ください

>再びMMさん
自分で手を動かすのってホントに大事です。口だけの評論家にはなりたくないですよね
まずは私たちオジサン達が楽しんで作る、それを見ている人がどう思われるか
そんな社会的責任?まで考えながら作り、各種展示会に拙作を出してます

>再び634の28号さん
ろうがんず杯ご来場ありがとうございます
どの作品もレベルが高く、入賞作品が10点足らずでは
その選に漏れた方へのケアを来年以降どうしようかと改めて会長含めて考えています
マルサンに関しては、詳しく研究されている方にお任せしますね
 

レス・・・

 投稿者:助手  投稿日:2016年12月13日(火)10時16分51秒
  あり得ないほどの遅れに、ただただお詫びしながらレスさせていただきます

>留吉さま
ありがとうございます。全く持って同感です
多くは語りませんが、この「田宮模型全仕事1」に関しては
色々と制限のある中で今回の増補改訂で、私の出来る事は全てやりました
そして私の思いは「タミヤの動く戦車プラモデル大全」に全て記してあります
この本をお持ちの方でも、隅から隅まで全て読破した方は少数派だと思います
色々なところに「クスッ」とする地雷が埋め込まれています
機会がありましたならぜひ再読してください
 

疑問点があったので

 投稿者:634の28号  投稿日:2016年10月23日(日)17時31分12秒
   ろうがんず杯、見に行ってきました。見学者が多かったですね、模型大好き中年男性陣ともけじょが中心で小中高生はあまり見かけませんでした。作品はどれも凝った物ばかりでしたが、昨年よりはパワーダウンの感じが致しました。アイデア勝負かなって感じです。小生もアイデアは一杯あるのですが、完成には至らずで・・・。1月の作品展も期待してます。
 今、マルサンの歴史本を見ているのですが、不明なところがあります。日本初のプラモデルとしてノーチラスが表示されておりますが、同時期にダットサン・B47・哨戒水雷艇を発売していると記載されてます。ノーチラスの金型苦労話と和工製のダットサンの状況は解りますが、B47と哨戒水雷艇に関しては開発経過が不明なのです。どう見たってノーチラスよりも哨戒水雷艇のほうが何倍も大変な作業だとと思うのですが、一体何方が金型を作ったのでしょうか。マルサンのプラモデルに詳しい方、お教え下さりませ。なんか喉にひっかかった小骨みたいで気になります。出来ましたらその裏付けとなる資料も教えて頂ければ幸いです。
 

連休だったので、

 投稿者:MM  投稿日:2016年10月10日(月)01時21分35秒
  軽装甲機動車を完成させました。

ダイキャスト製シャーシと中空のゴムタイヤは、諸事情あっての決定なのでしょうけれども、ちょっと作りにくいのと経年劣化がやはり心配になります。

今やプラモデルは小学生が作れるものではなくなってしまったな……とうら哀しく思ったり、完成させてみてその精密さに驚いたり。

総部品数や工作難易度を表記する慣習が日本のプラモデルにはありませんけれど、いつか英国や米国のキットのようにそれが望まれる日が来るのかも知れないな……などと考えましたです。
 

懐かしいですね

 投稿者:Rockey  投稿日:2016年 8月12日(金)20時11分9秒
  木製モデルで検索していてここを見つけました。プラモが出る前の模型は全て木とボール紙でできていたように覚えています。私が小学校の高学年頃に初めてプラモが出ましたが、組み立てできないような製作誤差があったりして苦労した記憶があります。木製モデルには筆でラッカーを塗っていました。模型作りは中学の時のラジコンボートで終わりましたが、未だにOSの35エンジンを持っています。

http://www.ne.jp/asahi/rockey/luna/

 

素晴らしいサイトです。

 投稿者:プラモ道  投稿日:2016年 8月 9日(火)22時54分34秒
  子供の頃にタミヤのプラモにはまって早数十年。今は仕事でプラモデルからは大分遠くなっておりました。
ですが、先日、偶然おもちゃ屋に立ち寄ってプラモデルコーナーに行きましたら、タミヤの昔のプラモデルと共に新しいプラモデルもたくさん出ているようで感激致しました。
また田宮模型の歴史を扱っている本サイトも拝見し、タミヤや日本のプラモデル産業の歴史にも関心が出てきました。
昔かた定期的にタミヤニュースを買っておけば良かったなぁと思っています。今は売っている模型屋さんも少なくなっているようですね。昔はどこにでもあったと思うのですが・・・

こうしたサイトを長く続けていくのは大変根気のいる作業と思いますが、更新を楽しみにしています。
また『田宮模型全仕事』シリーズや雑誌記事も拝読いたします。
 

スポット再販が好き!

 投稿者:MM  投稿日:2016年 7月17日(日)23時24分44秒
   助手さま、みなさま、お元気ですか。

 ついつい、オールドキットを優先的に作っています。70年代のは部品が多過ぎないから楽しいです。初版に同梱されていた人形も一緒に作れると更に幸せ! ディティールアップは一切やらず、ひたすら思い出のレストア(?)に熱中しています。

 初版当時のリモコンとギヤボックスも再版されたら良いのになあ……。けど、キット本体だけでも作れるのは嬉しい!

 いつか60年代キットのスポット再販が実現しないかなあと夢見ています。1/50ポケットミュージアムシリーズの「アメリカ陸軍空輸戦車デストロイヤー」とか、すごーく作ってみたいです!
 

6ポンド砲

 投稿者:ねぶそく模型講座メール  投稿日:2016年 6月 7日(火)14時49分50秒
  昭和45年の模型誌を見てたら、早速MMシリーズの6ポンド砲の広告がありました。よく読むと人形と絡めて写真を撮るホビーライフを啓蒙しているようでした。まだまだ模型を撮るにはカメラが高価な時代...家にあるのはハーフカメラだけ。ピントが合わず結局、洗濯物とかベランダの手すりなどいろいろ写り込みました。良い時代になりました。  

いまさらながら・・

 投稿者:ぶりすけ  投稿日:2016年 4月23日(土)22時47分49秒
  いまさらながらなんですが・・
このあいだキャビネットの隅から見つかったんですが・・
田宮模型見学記念の(モデラーズギャラリーでもよく販売していました)
鎧武者のことなんです。
たぶん福島正則ですよね。
このモデルの経緯がよくわからないんです。
ディテールすごいけど兜の形状からしてキット化しやすかったから決まったのかな?
赤穂浪士とかチハ車が出た例の年に作られたのかな?
そもそもなんで鎧武者?
どなたか詳細ご存知の方いらっしゃいましたら
よければご教示くだされば幸せます。

追伸1/16くらいで戦国武将フィギュア出してほしいですね。
1/35でもセットもので・・


 

久々に・・・

 投稿者:634の28号  投稿日:2016年 3月16日(水)20時17分10秒
  今年初めてのカキコです。助手様にはこの前の”ろうがんず”の催し物で御見かけ致しました、お声はかけませんでしたが。助手様のディオラマの”つまようじ”もしっかりと見てまいりました。
閑話休題、”全仕事1”の増補版、早々と手に入れました。パッと見て巻頭の戦車の写真、気に入ったので。さて、1/35、スコーピオン・M41・T10等10台位は製作しましたけど、SNAP社の1/40シリーズでAFVと兵隊さんを並べ侍らすのが大好きでした。其の為小生はすんなりとMMシリーズを受け入れました。”歴史を変えた”のは、小生はカンプグルッペジーベンの面々ではないかと思います。スクラッチビルドの戦車群に改造した兵隊さん、最高でした。毎年のタミヤのカタログのディオラマにワクワクしてました。プラモデルを趣味とする人其々の思いで宜しいかと思います。最近のカタログはディオラマが掲載されてないのが寂しいです。そういえば今年のカタログも未だ購入してません、そのうち・・・。
 

増補版

 投稿者:留吉  投稿日:2016年 3月16日(水)16時14分58秒
  1/35の隆盛はMMシリーズもさることながら1/35戦車シリーズの成功によるところが大きいというか、1/35戦車シリーズがヒットしていなかったら「ドイツ戦車兵セット」の需要など無かったのではあるまいか。

「歴史を変えた」のは本当にMMシリーズなのでしょうか。

2000年版を拝読した頃からずっと違和感がありました。16年経った今も、やはり同じ違和感があります。
 

お知らせ

 投稿者:助手  投稿日:2016年 3月 5日(土)00時15分47秒
  田宮模型全仕事1が増補版となって15年ぶりにリニューアルされます

前回は190ページだったのが、
今回は254ページと大幅に増えました
2000年~2015年に発売されたキットはもちろん
色々と細かいところに手を入れてあります

実は15年前の「全仕事1」は
私が最初から携わっていなかったので
特にMMページのカット割りや巻頭グラビアに
???なところが多々あったのですが
そこまで手を出せませんでした
(1/35戦車シリーズはあれでも当初の倍のページ数にしました)

今回もあくまでも[増補版]ということで
全面改修ではないのでそれなりに制限がありますが
例えば巻頭グラビアは全てゼロからやり直しました
タミヤのミリタリーキットが全て
キットナンバー1から順に揃って載ってるのは壮観です
どうぞ書店で手にとって確かめてから購入を検討してください!
 

お詫び

 投稿者:助手  投稿日:2016年 3月 5日(土)00時12分59秒
  もはや何を申し上げても言い訳にしかならず・・・
色々なモチベーションの中で自分のサイトの掲示板を
完全に放置しておりました
ただただお詫び申し上げます

基本的には最低限の情報発信をfacebookで行っていますが
折りに触れ、この掲示板も活用してまいります
 

(無題)

 投稿者:通りすがり  投稿日:2016年 1月25日(月)13時37分18秒
編集済
  ぶっちー様

ここの皆様はじめまして。
ミニカーダービーという単語で引っかかったので書き込み致します。

記憶が正しければ、1985年前後と記憶しております。
日本ミニカーダービー協会という団体が、ミニカー作成キット(パイン材、樹脂製タイヤ、車軸、説明書兼大会申込み書)を販売し、
各地で専用レーンを使った大会を開催する(地方大会優勝者で全国大会を行い世界大会はハワイ)というイベントでした。

模型屋や駄菓子屋にポスターが貼ってありそこでキット(600円)を売っていました。

実はその大会の地方大会で優勝し、70cmサイズのトロフィーももらいました。
地方大会優勝したので次は全国大会だとわくわくしていたのですが大会主催者側からの連絡は来ませんでした。
(優勝したので全国大会突破してもしかしたらハワイいけるかも!とクラスメートに話したりしてたのですが、一向に話の続きがないので嘘つきとか言われていぢめられたりもしました・・・)

最近、当時を知る模型やの店主から話を聞いたのですが(なんとまだ店頭にキットが複数残っていました)
大会が終わったら在庫は引き取るという契約で商品を仕入れたのに、引き取らずに音信不通ととなったそうです。
騙された!いっておりました。大会主催者は夜逃げだったそうです。

当時のキットの連絡先には

日本ミニカーダービー協会 大阪市淀川区西中島5-7-14 大京マンションビル9F

という情報が残っています。

ちなみにどんなものかといいますと下記が参考となります。
http://pinewoodcar.org/index.html
https://www.youtube.com/watch?v=ICOzA9_qzPw
元々はアメリカのボウイスカウトの夏休みのイベントだったようです。

 

/59